ワイングラスの種類によりテイストが変わる!?

ワインは普通のコップなどではなくワイングラスで味わいましょう。
そして、そのワイングラス次第で、ワインの味わいが大幅に変わることがあるので侮れません。

 

どれほどいいワインを買ったとしても、グラスのチョイスがおかしいと、
本当の意味でワインを堪能することが叶わなくなってしまいます。

 

ワインの風味はワイングラスにも左右されるということを意識しましょう。

 

口にする際の場所や流れてくる分量など次第で、ワインの風味は違ってきます。

 

もちろんワイン自体も、製造者の情熱によって狙った風味に仕上げられています。

 

ですから「ワイン」について学ぶのであれば、
「ワイングラス」について学ぶことも欠かせません。

 

ワイングラスのフォルムに関して

 

ワイングラスの構造ですが、だいたいのものは

 

プレート:最下部でグラスを支えている場所(土台)
ステム:ワイングラスの脚(持つ部分)
ボウル:丸みがありワインを注ぐ場所
リム:ワイングラスの縁、唇がダイレクトに接触する場所

 

というように構成されています。

 

ワインの風味に最も影響を与えるのは、唇が接触する「リム」です。

 

ワイングラスは基本的にはステム(脚)を持って、
ワインに体熱が伝わらないようにするものですが、
近年では脚のないワイングラスも多く出回るようになりました。

 

ワイングラスについてもなんとなく自由度が上がってきているということかもしれませんね。

 

ワイングラスの丸みが匂いを高める

 

ブドウの品種や産地次第で、ワインの香りはかなり左右されますし、
それらを繊細に楽しむことができるのもワインの良さの一つです。
そして、ワインのボウル(ワインを注ぐ丸みのある部分)は、
ワインの匂いを高めるために、緻密に計算されたフォルムになっています。

 

滞留させる適度なスペース、外気に接触させる広さ、時間の経過等、
ワインが有する香りをできる限り楽しめるように作られているのです。

 

一例として、ソーヴィニヨンブランがグレープフルーツ、若草などと言われるように、
ブドウの品種ごとにユニークで繊細な匂いを有しています。

 

これらをきちんと楽しむためにも、
それぞれのワインにマッチするワイングラスをチョイスしてくださいね。

 

ワインの味はワイングラスのフォルムに左右される

 

ワイングラスのフォルムが違えば、グラスを斜めにした際にワインが流れてくるスピード、
広がり方、場所、分量なども違ってきます。

 

この差によって、ワインが有する繊細な酸味やフルーツの風味の捉え方にも差が出ます。
1本ワインを用意して、フォルムが異なる2つのワイングラスに注いで飲んでみると、
味の違いに驚くかもしれません。

 

ことにワイングラスのフォルム次第で、舌のどの場所にワインが接触するか次第で、
甘味、酸味、苦みなどは大幅に変わります。

 

 

具体的に説明しましょう。飲み口が狭いフォルムになっているワイングラスの場合は、
ちょっと斜めにしただけでは、口の中にワインが流れてくることはありませんよね。
そのぶん、顔もグラスもやや大きく傾けることになるので、
ワインがスピーディーに下の真ん中あたりに流れ込むことになります。

 

「酸味」を感じやすいのは下の両側面ですが、このタイプのワイングラスの場合は、
ワインが舌のその部分に触れる前に、舌の中央に触れるので、
ワインのフルーティーさを最初に味わってから、爽やかなミネラル感と酸味を
「後味」として味わうことが可能です。

 

 

反対にワイングラスの飲み口が広いのであれば、
口内にワインが入ると舌にまんべんなく行き渡るので、
ワインの酸味やフルーティーさなどを、調和よく味わうことが叶います。

 

 

ワイングラスの製造会社の中には、実際にテイスティングを行ってデータを取って、
ガラスの厚さやフォルムを微調整して、
よりワインが美味しく感じられるワイングラスを作っているようです。

 

世界的に人気の高級ワイングラス製造会社の「ローブマイヤー」「バカラ」
「ツヴィーゼル」「リーデル」などは、デザインやガラスの質に関しても、
一般的な製造会社とはレベルが違います。

 

機能性を最優先して研究開発を進めたところ、
今のように色々なフォルムのワイングラスが流通するようになったということですね。

 

 

ワイングラスのタイプ

 

ワイングラスには主に「白ワイン向け」と「赤ワイン向け」の2タイプが存在します。
白ワイン向けのワイングラスは少し小さめ、
赤ワイン向けのワイングラスはやや大きめ、という感じで調達して、
さらにシャンパーニュ向けのグラスも準備しておくことをおすすめします。

 

□赤ワイン向けのワイングラス

 

ボルドー系

 

ボルドー系のワイングラスは、縦長・卵型のフォルムのボウルとなっており、
チューリップ型と呼ばれる場合もあります。
カベルネ・ソーヴィニョンをメインに色々な品種のブドウを混ぜた
ボルドー系のワインを味わうのであれば、このタイプのグラスがベストです。

 

タンニンの渋さがマイルドになりますし、匂いも際立ちます。
そのため、ワインの風味を調和よく堪能することが可能。

 

ちなみに、ボルドーワインはボトルのフォルムが「いかり肩」です。
そういったボトルのワインを味わうのであれば、ボルドー系のワイングラスを準備しましょう。

 

ブルゴーニュ系

 

ブルゴーニュには、ピノノワールという品種のブドウが用いられています。
カベルネ・ソーヴィニョンに比べてタンニンが控えめで色も淡く、
繊細なフルーティーさと酸味を楽しむことができます。

 

飲み口が狭く、ボルドー系に比べてボウルに丸みがあり、
金魚鉢を思わせるようなフォルムになっています。
ブルゴーニュワインの豊かな香りを満喫することができますよ。

 

□白ワイン向けのライングラス

 

オールマイティー系

 

赤ワイン向けのワイングラスに比べると白ワイン向けのそれのほうが小さめです。
なぜなら、白ワインと赤ワインとでは「飲む際のベストな温度」が異なるからです。

 

通常の白ワイン・辛口の場合は6〜12℃くらいが最適ですから、
あまり温度が変わらないうちに飲み終えるような大きさのグラスが良いということですね。

 

ボウルは卵型になっているものが大半であり、飲み口が穏やかに狭くなっています。

 

ちなみに、白ワイン向けのワイングラスは使い道が広く、
日本酒の吟醸酒やスパークリングワインなども美味しく飲むことができますよ。

 

□シャンパーニュ向けのワイングラス

 

アベリティフとしてパーティーの場面などで振る舞われることが多いシャンパーニュ。
フルート型の細長いワイングラスを使えば、繊細な泡立ちを堪能することができます。

 

特にシャンパーニュグラスは白ワイン向けのグラスと比べてもさらに小型で、
泡の立ち上りを視覚的に楽しむことができ、膨らみもあって匂いが集中します。

 

また、このようなワイングラスであれば、パーティーの机などが多少狭くても
無理なく並べることが可能というメリットもあります。

 

ワイングラスの選択基準

 

□機能性を優先してチョイスしましょう

 

ワイングラスの中にはフォルムがユニークだったり
カッティングが綺麗だったりするものもありますが、
ワインそのものをより楽しみたいのであれば、
クリスタル製で色がなく透明のものをチョイスしましょう。

 

フォルムも緻密に計算されているものにしてください。
ステムはそれなりに長くて細いほうが、持っていて安定します。

 

そして一番大事なのは、唇がダイレクトに接触するリムです。
「薄いクリスタル」であれば、ワインの口当たりや温度を感じ取りやすくなりますので、
リムには特に注意してワイングラスをチョイスしてください。

 

シャンパーニュ系・オールマイティー系・ボルドー系を揃えておけばバッチリ

 

シャンパーニュ系:スパークリングワインなど
オールマイティー系:白ワイン、赤ワイン(ライトボディ)など
ボルドー系:赤ワインなど

 

という感じでだいたい網羅できますので、
まずはこの3タイプのワイングラスを調達することをおすすめします。

 

誰かとワインを楽しむのであれば、ワイングラスが話題を提供してくれそうですね。

 

ワイングラスを一つだけチョイスするならオールマイティー系が無難

 

野外でワインを飲むときなど、一つしかワイングラスを準備できないというのであれば、
オールマイティー系にしておくことをおすすめします。

 

白ワインを飲むだとしたら、赤ワイン向けのブルゴーニュ系や
ボルドー系のワイングラスを使うと、風味を堪能できなくなる恐れがあります。
白ワインの特長やフレーバーが楽しめなくなるかもしれません。

 

となると、オールマイティー系のものを選択するのが無難ですよね。
テイスティンググラスのようなフォルムのグラスを探しましょう。

 

まとめ

 

ワイングラスによってワインの味や香りが変わるということが
お分かりいただけたのではないでしょうか。

 

ワイングラスはそれなりに高価なものを購入したほうが良いと思います。
なぜなら、飲めばなくなるワインと違って、大事にしていれば何年でももつからです。
予算に合わせてどのグラスを買うかじっくり吟味しましょう。

 

 

ワインが初めて方のための、基礎知識と学習法

お酒は大別して4種類あります。

 

まず、製法が「蒸留or醸造」で2つ、さらに材料が「フルーツor穀物」で2つ。
2×2で4種類になっていますよね。

 

この分類方法でいくとワインは「醸造酒」であり、材料は「フルーツ」です。
まず醸造酒を製造し、それを蒸留することで醸造酒になります。
そのワインを蒸留すると「ブランデー」を作ることができます。

 

混成酒はあらゆる種類のアルコールからも製造可能なものであり、
アルコールにフルーツやハーブ等の抽出成分が配合されています。
日本国内では「梅酒」が一番ポピュラーかと思います。

 

他の醸造酒とワインとの差は?

 

材料が含有している糖分が「炭酸ガス」と「アルコール」に分解され、
そのうちのアルコールが形を変えて「商品としてのお酒」になるわけです。
その「分解」は酵母によって行われます。

 

糖分が入っていない「穀物」を放置していても、アルコールを作ることはできません。

 

ですが、ブドウには糖分が入っていますから、潰してそのままにしておくだけでも、
環境によってはそのまま発酵が進んでワインになります。

 

ちなみに、日本国内ではブドウを個人的に発酵させてワインにして、
それを消費することは禁じられているので気を付けてください。

 

また、穀物をアルコールにするのであれば「仕込み水」が欠かせません。
仕込み水次第で、完成するアルコールの風味がかなり変わります。

 

一方ワインに関しては、ブドウが直接的にワインになりますので、
ブドウ自体の味が非常に大事になってくると言えます。

 

そのため「ワインはかなり農業的なものである」と表現して良いと思います。
実際、ブドウのクオリティーがワインの風味の8〜9割を占めるとされています。

 

ワインの生産国

 

ワインの産地に関してですが、
ドイツ、スペイン、イタリア、フランスなどの「旧世界」、
そして、アルゼンチン、チリ、オーストラリア、米国などの「新世界」に区分されています。

 

フランスはワイン王国として知られていますよね。
ですから、ロワール地域、ブルゴーニュ地域、ボルドー地域などのエリアごとに、

 

・作り手の特徴
・ワインの傾向
・ブドウの傾向、
・主なシャトー

 

などを把握しておきたいところです。
ワインについて学習するのであれば、地理にも強くありたいところ。

 

 

また、旧世界のヨーロッパの主要のワイン産地では、
ワインの格付けが「ワイン法」に従って厳格に行われています。

 

これには、ワインの生産地ごとの歴史ある製造法や特徴を保護し、
「○○産のワインです!」などと語るニセモノが流通することを
防止する意味合いがあります。

 

一例として、
「シャンパーニュ地域で」「所定の製造法や品種にて」作られた
「スパークリングワイン」のみに、シャンパーニュという名前が付くことになっています。

 

ワイン法に関しても学習しておけば、
よりたくさんのことをラベルから読み取ることが可能となります。
また、新世界と旧世界、国次第で違っているラベルの
初歩的な読み方も理解しておくのが大事です。

 

 

ワインの基本を学習するために

 

ワインの勉強を始めるのであれば、
まずはワインの作り方や定義を知ることから取り組みましょう。
ワインには「ロゼワイン」「白ワイン」「赤ワイン」が存在しますが、
これは作り方やブ使用されるブドウによって異なります。

 

また、ワイン作りの各段階の作業の仕方の差が、ワインの風味にも差を与えます。
一例として白ワインの場合は、アルコール発酵のさせ方によって辛口か甘口かが定まります。

 

それから、長期的に木のタルを使って熟成させると、その木の匂いを込めることができます。
一方、熟成にステンレスタンクなどを使えば、木の風味のない新鮮味のある風味になります。

 

また、生産者、テロワール、ブドウの品種などによっても、ワインの風味は変化しますので、
ワインの材料となるブドウの性質やタイプに関しても、
基礎知識として抑えておきたいところです。

 

※テロワール:ブドウを生育する環境(気候、日照時間、土の性質など)

 

ブドウのクオリティーに影響が出ますのでテロワールについてもしっかり学びましょう。

 

それから、飲酒文化やワイン自体の歴史に関しても知っておくと、
より造形を深めることができます(これも初歩知識の範囲だと思います)。
https://wine-kouza.com